チャルカのお祝いパーティー
びよーん
PCゲームを超えるホットな遊びがついに登場 ねんど!
本当にみんな、順番待ちしてコネコネしてる。えーと、ここはカフェなんだけど… 外でジュースを飲みながら、通りがかった人に挨拶。すると、みんなお店に来てくれる。
残念ながら代金はツケ払いばかりだけどw
大人が食べて喋って飲んでばかりだからか、学校を終えたアナナスが店を手伝っている
お皿がこんなに重なるって初めて知った。大人さぼりすぎ そうそう、自作の目に置き換えてみた。わたしの場合 4はコミカルな表情重視で遊びたいので、デフォルトの目は目力重視で。目は難しい…何パターンか作ってみて、リアル系は遠くから見た時に目がぼやけるから特に難しく感じた。濁った目になりやすい…。

さてさて、それはともかく、 「大ニュースがあるの、なにかわかる?」「うーん?」「なんだろ?」
お腹を見てのとおり、二人目を妊娠したビビ。ここまでが結構時間がかかってて、



失敗もあるみたい。今回は2回ダメだったかな。待望の第二子なので、たのしみー。 「いいか、盗んだバイクで走っちゃダメだぞ」「なにそれなにそれ」
大事なことを教える だったかな。バイクの話を聞かせていた笑
すっかりお父さんの顔だね

出産まで余裕があるし、それまでにしておきたいことが…
主役は、この人、 チャルカ。貧乏小説家の名前も返上し、この世帯の稼ぎ頭になってしまった。
風呂もトイレも我慢して仕事で昇進しつつ、がんばって児童文学のシリーズを完成させた!全5巻。



4巻までは自費出版で、5巻はついに出版社から発売。作家デビューできた。収入はこんな感じで、



好評なんて宣伝文句つけたわりに、1巻なんて §3 …出版社は偉大(-ω-;)
シリーズ完成&デビュー記念に、お祝いパーティーを開きました。 レベルが低いんだろうけどみんな冷たすぎ
と、ここでまちがえてパーティーを終わらせちゃって
次の日に、ビビが子供を産んでしまい
せわしない中で、もう1回パーティーを仕切りなおし、 喋り始めるまで10人くらいいたのに…
てめえらの血はなに色だー


パフォーマーって仕事でもつらいこと多くて、今のレベルだとコレがよく出るチャンス
どっちを選んでも「そんなんで収まるとおもった?w」みたいな事を言われて評価がさがる
あれ、もしかして うちのマリオだけなんだろうか
しょぼーん 一方パーティーのさなか、赤ん坊が泣くので、あわててなだめるお兄ちゃん
ごめんよ( ノω-、) 赤ん坊がいるとパーティーは大変だな…次からはやめとこう このエンターテイナーが嫌だったから別の人を雇ったはずが、また来たーー
ひとりしかいないのか…自分で別のシムをつくろうかなあ パーティーがお開きになった後で、あの友人ジェイを呼び出してみました
誓約嫌いでも、もしかしたらもしかしないかな…と 結局ちょっと押してみてもダメだったし、なんか違う気がする
友好度がすごく高ければ大丈夫なんだろうけど、いいお友達の方がいい気がする そんなわけで今夜は一人酒でしめくくったチャルカなのでした
^