カナリヤ・カフェと宇宙からの来訪者

ずっと店舗で寝泊りしていた2人に、ようやく家を用意できました!柳谷コーポ。
このアーチみたいな街灯がむかえてくれる区画に建てました。やっと帰る場所ができた。店舗ではパーティーができないみたいだったし、これで一安心。

というわけで、引き続きカナリヤ・カフェのプレイ記録です。

表札を掲げると、より自宅感が出ていいね!さっそく遊びに来たチャギ

「みなみサン この地球 未確認生物がすんでると思いマスカ?」「どうかな?どんな姿なのかな?」
チャギの深い話を聞いたり くつろげる家があるっていいわー

リビングには、シングルベッドをソファのように置きました。おしゃれな部屋にしたいけど1DKで狭いので、色々工夫して住んでいる、という生活感が出ているといいなぁ。

ベーグルとサラダでお昼ご飯 おいしそう
パン焼きスキルが楽しくて仕方ない 早く色々焼けるようになりたいな!

奥の棚は、旅行して巡った場所で飲んだドリンクのビンを飾ってある。食べ歩きとか好きそうだなーと。
いつか旅行EPなど出るのかなぁ。私は遊んだことがないんだけど、Sims2の海賊船?のある海のバカンスみたいな、面白い場所へも行ってみたいな。

そして明け方。暗いお部屋もいいよね!

パン屋の朝は早い 2人は車で店へ向かう…ように見えるかな?笑

品物の補充をすませたら、アンジー! 開店!

自宅に戻ると従業員は再雇用しないといけないの? 開店しても来なくて焦ってしまった。
すっかりチャギがおなじみの存在になってる自分にも焦る

再雇用する時にステータスを見てみたら、彼はとりわけ勤勉な態度に欠けているらしい笑

もうレベル4の販売員になってるはずなんだけどな!

「今日から、給料があがるぞー!」「お…おおおー!」
もしかして給料が低いから?と思って、昇給させてみた。ここは固有のアクションがほしかったぞ。

一応 おしゃべりすることで、お客さんの購買意欲を刺激することもあるみたい?
なので、ずっと完全にサボってるわけでもないのかな。
撮りそこねて本当に悔しいんだけど、買い渋ってるオジサマに投げキッスして買わせてる所を目撃した!
ホストみたいになってきたなー

キリッとしてると結構かっこいいんだけどね!

そんで「残業多すぎ!帰る!」と勝手にチャギが退勤していった夜

仕事のあと、なんとお客さんとして店に顔をだしてくれた! これはうれしい(*´I`*)

やりたい放題ww もうどうしようもない

話の流れと関係ないけど、遊歩道脇の橋をおりて釣りができる!
ここで釣った魚でパイ作れるかなぁ。たのしみ。

この日は昼から開店のつもりで、自宅ですごしてた朝
スマホを握って、ちょっと沈んでるみなみちゃん

実は彼女には、ビミョーな間柄の年上男性がいる
システムが勝手に作った相手なのだけど…大好きだけど大嫌いなのが切ない
ぜひ会ってみたいのに、

何度呼び出しても会ってもらえない…
ピンクのゲージが減って、好きな気持ちが冷めていくのを見ているしかなくて、なんだか悲しい

その内、恋愛感情も友情もなにもなくなって、他人みたいになった時、また再会できるのかなぁ
…まあ、落ち込んでても仕方ない!というわけで、チャギを招いてお昼ごはん

みんなで太陽を浴びて のんびりくつろげば、気持ちも晴れるよね

一緒に空でも見よう。そう言って並んで寝転んだチャギントンが、なんだか青白く光り始めた

そういうことらしい
って えええええーーーー! ちょっとちょっと…笑 笑うしかない

「チャギくんって宇宙人なんでしょ? わかっちゃったんだからね」

「バレてしまっては仕方ないネ ブレインパワーって知ってマスカ?」
宇宙のパワーについて熱弁するチャギントン
ほのぼのパン屋のはずが… なんの話なのこれ笑

とりあえず、みなみちゃんは、チャギの正体を受け入れたみたいだけども…
初遭遇宇宙人が、まさか彼になるとは…どうしたらいいんだろうw
次回にどう続くのかわからないけど、なにかあったらまた書きたいと思います

^